増資、第三者割当増資について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 増資

■増資とは

増資とは、株式を発行して資金を調達することです。社債の発行で借金をした場合、利息の返済が必要になりますが、株式の発行である増資では、利息も付かず、資金返済の義務もありません。

ただし、株式を発行すれば、配当金を支払う必要があったり、株主の経営へ干渉する機会が増えるというデメリットもあります。

増資には有償増資と無償増資があります。有償増資にはさらに、株主割当増資、第三者割当増資、公募増資があります。それぞれの詳細は以下のとおりです。

株主割当増資・・・既存の株主に有償で株券を割り当てる方法
第三者割当増資・・・文字通り第三者の縁故者に有償で株券を割り当てる方法
公募増資・・・不特定多数の一般投資家から応募者を募って株券を割り当てる方法
無償増資・・・企業の資産を振り替えて、投資家に無償で株券を割り当てる方法

株式分割も無償増資ということになります。

反対語:減資

  

 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 増資
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語