全数検査について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 全数検査

■全数検査とは

全数検査とは、製造された製品をひとつひとつ全て検査することいいます。

全数検査が必要な場合は主に以下のとおりです。
・手間を掛けず容易に実施できたり、検査費用に比べて大きな効果が得られる場合。
・不適合品の混入により人命に関する事故や後工程での大きな損失を招く場合。


製品の品質をより確実に保証するには全数検査がよいのですが、必ずしも全数検査ができるとは限りません。例えば、破壊検査をしなければならない場合は全数検査をするわけにはいきません。その場合、抜取検査を行います。

おすすめの本
QC七つ道具100問100答

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 全数検査
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語