W/R比率について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > W/R比率

■W/R比率とは

W/R比率とは、流通の多段階性を図る尺度のことです。W/R比率は次のように求められます。

 W/R比率 = (卸売業全体の売上-産業用・輸出関連売上)÷小売業売上

W/R比率が大きいほど、流通経路が多段階であるといえます。一般的に日本がW/R比率が高いことで知られていて、1980年代の欧米諸国のW/R比率が2以下であったのに対し、日本は4を超えていました。ただ、バブル崩壊後は日本でも流通の合理化が進み2002年には3近くまで下がっています。


 
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > W/R比率
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語