アンフェア・アドバンテージについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > アンフェア・アドバンテージ

アンフェア・アドバンテージとは

アンフェア・アドバンテージとは、直訳して不公平な利益となるとおり、知的財産、顧客データベース、ブランド力、独自のチャネル力、スタンダード化された規格など競合に対して不公平といえるアドバンテージのことをいいます。

競合に対するアドバンテージの種類として、ファースト・ムーバー・アドバンテージが挙げられますが、 ベンチャー企業の場合には使えないといわれます。なぜなら、先行優位を築く前に大企業に追随されてしまうからです。

そのため、ベンチャー企業の場合、競合に対してどのようにアンフェア・アドバンテージを築くかが重要で、ベンチャーキャピタルも資金を出資する際にアンフェア・アドバンテージの有無に注目します。


  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > アアンフェア・アドバンテージ
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.