倒産について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > 倒産

■倒産とは

倒産とは、経営が行き詰まり、債務が返済できない状態を指します。しかし、倒産は正式な法律用語ではなく、具体的に次のような状況になったときに、慣習的に倒産を呼びます。

@6ヶ月以内に続けて2回の手形の不渡りを出した
  (すなわち、銀行取引停止となった)場合
A事業を停止して、債権者と清算の話し合いに入った場合
B破産を裁判所に申請した場合
C特別清算を裁判所に申請した場合
D会社更生法の適用を裁判所へ申請した場合
E民事再生法に基づく民事再生を裁判所に申請した場合


倒産には、任意整理と、法的整理があります。

任意整理は、倒産会社と債権者の間で話し合いをして、会社の資産の処分のしかたを決める方法で、法的な拘束力はありません。上の状況だと@Aが任意整理になります。任意整理の大半は、清算目的です。

法的整理は、裁判所が監督をして倒産会社の整理をします。法的整理には、清算目的で行う破産(B)や特別清算(C)、再建目的で行う、会社更生(D)、民事再生(E)があります。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > 倒産
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語