特別損失とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > 特別損失

■特別損失とは

特別損失とは、特別な要因で一時的に発生する臨時的な損失のことです。主な特別損失には、地震、火災などの災害による損失、労働争議や訴訟によって発生する損失、不動産売却によって生じる損失、有価証券の評価損失があります。

特別損失はいずれも会社に経常的に発生する損失ではないため、経常利益には影響を与えない指標です。また、継続的に発生する損失の場合でも、特別な要因である決算期だけ損失が異常に膨らむ場合は、特別損失として認められる場合があります。

特別損失の内容を細かく見ることで、企業の戦略上の失敗や弱みが見える場合あります。


  

 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > 特別損失
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語