ステークホルダーについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > ステークホルダー

■ステークホルダーとは

ステークホルダーとは企業にとっての顧客やその他の利害関係者を表します。その他の利害関係者とは従業員、取引先、株主、地域社会などを表します。

企業が成長するためには、顧客だけでなく、ステークホルダーを満足させることが重要になります。例えば、目先の利益優先で従業員を疲弊させたり、取引先に無理なコストダウンを要求したり、地域社会の環境を悪化させたりすることは避けなくてはなりません。

主なステークホルダーの要望・影響力は以下のとおりです。

関係・要望 影響力
株主 会社のオーナー。資金提供者。投資に対するリターンを求める。 大きな意味では会社の存続に大きな影響を与える。調達資金や配当にも影響を及ぼす。
従業員 直接的、間接的に利益の源となる。安定した賃金や自己のスキルアップを求める。 人件費に大きな影響を与える。
金融機関 資金提供者。貸し出しに対する利払いを求める。 調達資金に影響を与える。
取引先(顧客) 売上の源泉。製品、サービスを購入することで、充足感を求める。 売上に大きな影響を与える。
取引先(サプライヤー) 物資やサービスの源泉。提供物に対する適正な支払いを求める。 売り手の交渉力が強い産業では、大きな影響力を持つ。売上原価に影響を与える。
アナリスト、ジャーナリスト 直接の利害関係が少ない第3者。企業の適正な情報開示を求める。 業績には直接影響しないが、他のステークホルダーの行動に大きな影響を与える。
地域社会 直接の利害関係が少ない第3者。災害や公害をもたらさない無害な存在であることを求める。 業績への影響は少ないが、配慮が必要。
政府 直接の利害関係が少ない第3者。法令の遵守を求める。 事業を行う上での法令に大きな影響を与える。


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > ステークホルダー
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語