スタグフレーションについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 債務超過

■スタグフレーションとは

スタグフレーションとは、景気が悪化している状況で物価上昇が起こる現象のことです。スタグフレーションは停滞という意味のスタグネーションとインフレーションの合成語です。

通常、景気が悪化しているときは物価が下落しますが、スタグフレーションではこれと逆の現象が起きます。ところが、好景気(インフレ)の時に、需要抑制に失敗したり、景気低迷の時に供給不足が起こるとスタグフレーションを引き起こしてしまいます。

供給不足によるスタグフレーションとして有名なのが、1970年代の石油ショックです。

デフレーションでは景気低迷による所得の減少は、物価下落によって影響が緩和されますが、スタグフレーションでは、所得の減少に対して物価が上昇するので、生活が非常に苦しくなります。
失業が悪化するとともにインフレが進行するため、 デフレーションと比べると、貨幣や預貯金の価値が低下する分だけ生活が更に苦しくなります。

  

 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 債務超過
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語