SPC、特別目的会社について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > SPC

■SPCとは

SPCとは、英語のSpecial Purpose Companyの略で、特別目的会社と訳されます。SPCは、企業が保有資産の活用のためだけに設立するもので、ペーパーカンパニーといえます。主なものとして、不動産の賃貸や処分を行うためだけのSPCがあります。

SPCは、有価証券を発行できる権利を有しています。そのため、SPC設立の目的に、資産とその保有企業を切り離して、資産を証券として小口化して投資家に販売することで、資産の流動性を図ることが挙げられます。


 
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > SPC
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語