総配分性向、総還元性向について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 総配分性向

総配分性向とは

総配分性向とは、純利益のうち株主に配分した額がどの程度の割合かを示す指標のことです。

総配分性向 = 総配分額 / 純利益

この中で、総配分額とは株主が1株あたりに享受できる利益のことで、配当金と自社株買いのことを示します。したがって、総配分性向は次のような式で表されます。

総配分性向 = (配当金 + 自社株買い) / 総利益

最近では、この総配分性向の数値目標をたてている上場企業も多くなっています。特に有望な投資案件が少なく、利益を留保しても使い道の少ない企業では、買収防衛の観点からも株主に利益を配分することが重要となってくるため、総配分性向がますます重要な指標になってきます。

なお、総配分性向は、総還元性向とも呼ばれます。


  

 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 総配分性向
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.