スマイルカーブについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > スマイルカーブ

スマイルカーブとは

スマイルカーブとは、電子産業や産業機器分野における付加価値構造を表す曲線のことです。

価値連鎖の真ん中に位置する製造と組立の付加価値が最も小さく、両端のR&Dと販売・アフターが最も大きくなり、その曲線が放物線状に広がることからスマイルカーブと名付けられています。


                 スマイルカーブの例



製造・組立という作業は、技術の進歩に伴い、先進国以外でも可能になってきているため、大きな付加価値がとりにくくなっています。また、PCのように部品のモジュール化、標準化が進むと、組立自体に大した技術が必要なくなるので、高度な技術が必要なくなります。そうなると、東南アジアなどの低賃金エリアで生産できるようになり、コスト競争になっていきます。

その一方で、研究・開発やブランドといったコンセプチュアルな部分と、流通、販売、アフターサービスは、グローバル化が難しい部分であるため、そこを担うプレーヤーには大きな付加価値が入るという構造になるというわけです。

例えば、顧客の要望が多様化している中で、研究、開発といった部分は、その商品をヒットさせるかどうかを決定づける要素を持っています。

流通チャネルは構築に時間がかかるという意味で付加価値の高い部分になりますし、チャネルの説明なしでは買えないような商品については、その部分がさらに大きな付加価値になります。AMAZONは圧倒的な流通チャネルを確保することで大きな利益を挙げています。

販売・アフターについても、多くの商材で個別対応が必要になるため、付加価値の高い部分です。特に供給者と顧客の間の情報格差が大きい場合、そこには大きな付加価値の発生する余地があります。また、顧客にとって購買頻度の低いもの(例えば、家、車、結婚式など)は、原価構成を把握する術がなく高い利益を載せても顧客は購入するという構造を作りやすくなります。(もちろん競争状態によって変わりますが)


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字





N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > スマイルカーブ
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. since 2004 All rights reserved.