焦土作戦、クラウンジュエルについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 焦土作戦

クラウンジュエル(焦土作戦)とは

焦土作戦とは、敵対的買収から防衛する策のひとつです。焦土作戦では、買収の標的になった企業が、企業の重要資産を第三者に譲渡して企業の魅力を低下させ、買収意欲をそぎ、結果的に企業買収を防ぎます。

焦土作戦は、クラウンジュエルとも呼ばれます。クラウンジュエルは「王冠の宝石」という意味で、買収の対象となる企業(王冠)から企業の重要資産(宝石)を売却してしまえば、ただの価値のない王冠になってしまいます。(

しかし、企業の重要資産を売却して魅力を低下させるためには、既存株主への合理的な説明が必要のため、実行された例はほとんどありません。

企業の買収防止策にはこの他に、ポイズンピルなどがあります。

  
 用語集 
 株式・経営用語 ア行
 株式・経営用語 カ行
 株式・経営用語 サ行
 株式・経営用語 タ行
 株式・経営用語 ナ行
 株式・経営用語 ハ行
 株式・経営用語 マ行
 株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
 株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 焦土作戦
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語