労働装備率とその算出方法について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ヤ・ラ・ワ行 > 労働装備率

■労働装備率とは

労働装備率とは、企業の従業員一人当たりの有形固定資産を示します。

 労働装備率 = 有形固定資産 / 平均従業員数

従業員一人当たりに対する設備が多いほど、労働装備率は大きくなります。製造業は、労働装備率が大きい傾向にあります。

労働装備率が大きいほど、企業の労働生産性は向上します。

(参考ページ)  労働生産性

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ヤ・ラ・ワ行 > 労働装備率
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語