ローレンツ曲線ついて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ヤ・ラ・ワ行 > ローレンツ曲線

■ローレンツ曲線とは

ローレンツ曲線とは、人口の累積百分率を横軸に、所得の累積百分率を縦軸に、表したものです。ローレンツ曲線が対角線から離れれば離れるほど不平等な状態になっているといえます。したがって、下図の場合、A国よりB国の方が不平等度が大きいということになります。

また、税金や社会保障による所得の再分配は、所得の不平等を是正するので、ローレンツ曲線はより対角線に近い方向(つまりより平等に近い状態)にシフトすることになります。

ローレンツ曲線

このとき、曲線と直線CD囲まれた面積と三角形CDEの面積の比をジニ係数といいます。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ヤ・ラ・ワ行 > ローレンツ曲線
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語