PSM分析とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > PSM分析

PSM分析とは

PSM分析とは、ある製品やサービスについて、以下4つの質問をすることで、「上限価格」、「妥協価格」、「理想価格」、「下限価格」を導き出す分析手法のことです。 たった4つの質問で、価格感度を分析できるので、手軽に短納期で価格調査をすることができます。PSMとは、Price Sensitivity Measurement(価格感度測定)の略です。


質問1.いくらから高いと感じ始めるか?
質問2.いくらから安いと感じ始めるか?
質問3.いくらから高すぎて買えないと感じ始めるか?
質問4.いくらから安すぎて品質に問題があるのではないかと感じ始めるか?



それぞれの質問に対して、上図のように累積の割合を示す線を引いて、それぞれの線の交点を求めます。それぞれの線の交点が、「上限価格」、「妥協価格」、「理想価格」、「下限価格」を表します。

■上限価格
上限価格とは、最も利益が得られる価格であるが、これ以上高いと誰も買ってくれないという価格を表します。プレミアム感を出したい高級品や玄人向けの商品の値付けの参考になります。

■妥協価格
妥協価格とは、消費者が製品やサービスについて、この価格なら仕方ないという価格を表します。

■理想価格
理想価格とは、消費者が安すぎず、高すぎずという感覚になる価格で、消費者に最も望まれる価格を表します。この価格に設定すると、抵抗なく購入され、市場浸透が早まると言われています。

■下限価格
下限価格とは、消費者がこの価格以下だと品質に問題があるのではないかと感じる価格を表します。特売品、セール品の値付けの参考になります。


 ●PSM分析における留意点 

PSM分析をする上での留意点としては、価格をある程度イメージできるものを選ぶ、またはイメージできるようにすることが重要です。そのためには、以下のようなことに気をつける必要があります。


■価格をイメージしやすい商材を選ぶ
カップ麺や、鍋のような価格をイメージしやすい日用品だと分析精度が上がります。一方で、高額すぎる商品(家など)の場合、価格レンジが広くなりすぎ、安価すぎる商品(ガム、歯ブラシなど)の場合、レンジが狭くなりすぎるのでPSM分析には不向きです。また、価格のイメージが全くつかない専門技術や画期的技術なども不向きです。


■価格の目安を提示する
価格感度が少なそうだと感じる場合は、価格のイメージを提示する方法もあります。例えば、オプション機能の価格調査をする場合は、オプション無しの定価を約3万円などとして具体的に示すことが有効です。


■価格感度のあるターゲットを選ぶ
例えば、フライパンの価格分析をするのに、50代男性をターゲットとするよりも、30〜60代くらいの女性をターゲットとした方が精度は高くなることが予想できます。また、類似商品の購買経験があったり、同じカテゴリーの商品を買おうと思っている人などをターゲットにするのもよいでしょう。


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字









N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > PSM分析
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語