ペイオフ制度とは、ペイオフ解禁とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > ペイオフ

■ペイオフとは

ペイオフとは、金融機関が破たんした場合に預金保険として預金を払い戻すことをいいます。ペイオフ制度では、金融機関の払戻保証額は元本1000万円とその利息までとなります。払戻保証額を超えた額は破たんした金融機関の資産に応じて払い戻されたり、一部カットされたりする可能性があります。

ペイオフは、2002年4月に定期預金で適用され、2005年4月から利息の付く普通預金でも適用されています。ただし、決済用預金では引き続き全額保護されるしくみなっています。

ペイオフ制度の狙いは、利用者が金融機関の信用状態を判断して預金先などを選別するしくみをつくり、金融機関の経営の健全化を図ることです。しかし、決済用預金の存在で、ペイオフ制度の骨抜きになるという批判もあります。

※ペイオフ全面解禁後の預金保護範囲
当座預金・・・無利息の決済用預金として全額が保護される。
普通預金・・・元本1000万円とその利息までを保護される。
定期預金・・・元本1000万円とその利息までを保護される。


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > ペイオフ
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語