パリティについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > パリティ

■パリティとは

パリティとは、株式に転換できる転換社債と、株価の比較をする上での尺度のことです。パリティは次のように求められます。

 株式時価/転換価格×100

例えば、株価が1500円で社債の株式への転換価格が1000円だとすると、パリティは150円になります。

パリティが転換社債の時価と比べて安ければ、転換社債は株式に比べ割高であると考えられます。この場合は、社債を株式に転換せずにマーケットで売却した方が得になります。
逆に、パリティが転換社債の時価と比べて高ければ、転換社債は株式に比べ割安であると考えられます。この場合は、社債を株式に転換し、株式をマーケットで売却した方が得になります。


 
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > パリティ
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語