アウトソーシングとは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > アウトソーシング

■アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、業務の外部委託のことです。最近では、間接部門や専門性の低いを業務を外部委託することで、自社のコア・コンピタンスに経営資源を集中させ、経営体質の強化を図る動きが活発です。

アウトソーシングには、設備投資や人件費などの固定費を、ある程度変動費化できるメリットがあります。

企業の中には、商品企画のみを自社機能で行い、生産を外部に全面委託するファブレスと呼ばれるものがあります。

  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > アウトソーシング

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.