日経JAPAN1000について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ナ行 > 日経JAPAN1000

■日経JAPAN1000とは

日経JAPAN1000とは、2005年4月1日に登場した株式市場の状況を表す指標です。日本には、主な株式市場の指標として日経平均(日経225)とTOPIXがあります。

日経225は、国内の代表的な225銘柄から構成されていて、株価水準を示す最もポピュラーなものです。しかし、日経225は時価総額を基準にしたTOPIXと連動しないことがあるほか、上場企業全体の規模がどのように変化しているかはTOPIXの方が優れているといえます。

したがって、機関投資家の資産運用の尺度にもなっています。

日経JAPAN1000は、TOPIXに対抗すべく作られたもので、国内に上場している全銘柄のなかで、浮動株を調整した時価総額が上位1000銘柄を定期的に選定し算出した株価指数です。

TOPIXが東証一部限定の指標であるのに対し、日経JAPAN1000は国内の全市場を対象にしているのが特徴です。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字




N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ナ行 > 日経JAPAN1000
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語