ミニ株とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > マ行 > ミニ株

■ミニ株とは

ミニ株とは、単元株の1/10の単位で株式投資が可能な投資システムのことです。1単元100株で株価が3000円の場合、単元株での購入には30万円が必要ですが、ミニ株では1/10の3万円で取引が可能になります。ミニ株はこのように少額の資金でも投資ができるので、余裕資金の少ない人でも参加できる株として人気があります。

ミニ株は、るいとうと同じように、買い集めて単元株に到達して名義変更を行えば、通常の株主と同等の権利を得ることが出来ます。

しかし、ミニ株にはいくつかデメリットがあります。証券会社にとってミニ株はコストのかかる取引なので、証券会社によってはミニ株を取り扱っていないこと、扱っていても証券会社指定の銘柄しか扱っていないことがあります。また、ミニ株を購入しても議決権や株主優待を受けられないというデメリットもあります(ただし、配当金や株式分割の恩恵は受けられます)。

また、ミニ株では指値注文ができず、注文を出しても翌取引日の寄り付きにしか売買が成立しないので、いくらで売買できるか、注文を出してみないとわからないというデメリットもあります。


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > マ行 > ミニ株
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語