ハインリッヒの法則、ヒヤリハット、KYT活動について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > ハインリッヒの法則

■ハインリッヒの法則とは

ハインリッヒの法則とは、アメリカのハインリッヒ氏が労災事故の発生確率を表し法則のことです。これは、「1:29:300」の法則とも呼ばれ、1件の重症背景の背景には、29件の軽傷事故と、300件の傷害に至らない事故があるというものです。さらに、この中には数千の危険行為が潜んでいるとされています。

職場の安全性を確保するのは経営者の大切な役目です。そこで、職場で「ヒヤリ」としたことや「ハッ!」とした事例をまとめたヒヤリハット体験集を集めたり、普段の作業から考えられる危険要因を集団で話し合う危険予知活動(KYT)を行うなどして、災害の防止に努めています。

車で出かける前に、予め走行ルートを設定して、考えられる危険要因(見通しの悪い交差点や、子供の多い道路など)をピックアップして安全対策を考えておくのは、危険予知活動(KYT)の一例といえます。


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > ハインリッヒの法則
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語