交差比率とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 交差比率

■交差比率とは

交差比率とは、商品が効率よく利益を生み出しているかを測る指標です。交差比率は次式で表されます。

 交差比率 = 粗利益率 × 商品回転率

一般的に粗利益率が高い商品は、数が売れないことが多く、必ずしも儲けが大きくなるとは限りません。そのため、粗利益率だけでは、本当に儲かる商品かどうかを判断するには不十分であるといえます。

そこで、商品回転率と掛け合わせた指標である交差比率を見ることで、商品が効率的に儲けを生み出しているかどうかを見ていくわけです。交差比率が高い商品ほど、利益貢献度が高く、効率よく利益を生み出しているということになります。

上式は、商品単品で見た場合の交差比率ですが、全社的に見る場合は次の式を用います。

 交差比率 = 売上総利益率(粗利益率) × 棚卸資産回転率


  

 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 交差比率
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語