クープマンの理論について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > クープマンの理論

■クープマンの理論とは

クープマンの理論とは、マーケットシェアと市場でのポジションを関連付けた理論です。クープマンの理論では、市場シェアを6つの段階に区切って、企業のポジションと関連付けています。それぞれの区切りとなるシェアをクープマン目標値といいます。

73.9% 独占的市場シェア
完全な独占シェアで、短期的に見てトップが
逆転されることはほとんどないとされています。

41.7% 相対的安定シェア
トップシェアの企業がこの水準にある場合、トップの地位は
ほぼ安泰で、逆転される可能性は少ないとされています。

26.1% 市場影響シェア
頭ひとつ抜け出したと考えられる水準です。この水準なら
業界2位でもある程度の存在感を示すことができます。

19.3% 並列的競争シェア
トップシェアがこの水準だと、業界の勢力図は横並びの状態と
いえます。いち早く市場影響シェア26.1%を目指したい状態です。

10.9% 市場的認知シェア
市場において、ようやく存在が認められる水準です。

6.8% 市場的存在シェア
市場において、存在が許される水準とされています。

 
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > クープマンの理論
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語