KJ法とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > KJ法

■KJ法とは

KJ法とは、ブレインストーミングと並ぶ、グループによる問題解決や意思決定を行う手法のひとつです。KJ法は文化人類学者の川喜田二郎氏によって考案されました。KJ法では次のようなステップを踏んで、解決策を見出していきます。

・アイデアやデータを1枚のカードに1項目だけ記入する。
・内容の近いカード同士をグループにする。
・カードで集めてつくったグループに見出しをつける。
・さらにグループ同士をまとめて上位のグループをつくり、見出しをつける
・大きな紙にグループを配置していき作図する。
・図をもとに解決案や決定事項を発表する。


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > KJ法
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語