機関投資家について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 機関投資家

機関投資家とは

機関投資家とは、不特定多数からお金を集めて、資金運用を専門的に扱う投資家のことです。主な機関投資家として、投資信託、保険会社、金融機関などがあります。

ヘッジファンドも機関投資家になります。機関投資家はたびたび個人投資家、外国人投資家(これは主と対比して用いられます。

機関投資家は個人投資家に比べて動かす金額が大きいため、株価の形成に大きな影響を与えます。したがって、機関投資家の動きを読むことができれば、市場の動きを予想することが容易になるかもしれません。

通常、機関投資家の動きは出来高に表れると言われています。


  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 機関投資家
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語