機会原価、機会費用とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 機会原価

■機会原価とは

機会原価とは、あるオプションを採用したときに、採用しなかったオプションを採用していた場合に得られた利益のことです。採用しなかったオプションが複数ある場合は、最も有利なものを採用した場合の利益を用います。機会原価は機会費用とか機会損失機会コストともいいます。

たとえば、オプションAとオプションBがあったとき、オプションAの利益が50万円で、オプションBの利益が40万円だとします。このときオプションAを採用した場合、オプションBの利益40万円が機会原価になります。

機会原価は埋没原価と異なり、意思決定に影響を与えるものです。投資の判断の際に、何が機会原価になっているのか正確に見極めないと、本来は投資すべきものでないものに投資をしてしまう、逆に投資の必要なものに投資を止めてしまうということが起こり得ます。

この機会原価をキャッシュフローの中で用いているのが、割引率になります。

  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 機会原価
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語