環境会計とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 環境会計

■環境会計とは

環境会計とは、企業の環境保全への取り組みにかかったコストと効果を定量的に分析、測定するための仕組みのことです。

環境会計には二つの役割があります。ひとつは、環境保全効果を貨幣や物量の単位で把握し、費用対効果を明らかにするための内部環境会計という役割です。もうひとつは、内部環境会計によって明らかにした効果をステークホルダーに開示する外部環境会計という役割です。

環境会計は、社会的にも関心高まってきていますが、現在の環境会計は、経営者やステークホルダーが取るべき行動の指針となるまでには至っていません。今後は、環境保全の費用対効果から対策ポイントを明確にした環境会計が望まれています。

おすすめの本
マテリアルフローコスト会計―環境管理会計の革新的手法

  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 環境会計
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語