買入債務、買掛金、支払手形について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 買入債務回転率

■買入債務回転率とは

買入債務回転率とは、買入債務の回収効率を表す指標のことです。

買入債務回転率 = 売上原価/買入債務

買入債務の回収効率がよいほど、買入債務回転率は上がります。

また、同じような指標で、買入債務回転月数というものがあります。

買入債務回転月数 = 買入債務×12/売上原価

これによって、買入債務が何ヶ月分の売上高に相当するかをみます。


買入債務回転率は、高い(回転月数が短い)ほどいいかというと、一概にそうは言えない場合があります。

買入債務回転率が高い場合は、値引きなどにつなげることができ、有利と考えられます。一方で、買入債務回転率が低い場合は、それだけキャッシュフローの面からは有利になります(ただ、買入債務回転率が低いということは、支払いが遅れていることを表します)。

関連ページ : 買入債務>>  売上債権>>

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > 買入債務回転率
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語