自社株買い、自社株取得について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 自社株買い

■債務超過とは

自社株買いとは、企業が自社で発行した株式を買い戻して消却することです。自社株買いを行うと、発行済み株式数が減少する、すなわち株主資本が減少するためROE(株主資本利益率)が向上します。

自社株買いは余剰資金を有効活用して株主への利益配分を強化できる効果があり、アメリカでは一般的になっています。また、自社株買いには敵対的買収を防ぐという効果もあります。

日本でも、1994年の商法改正により配当可能利益の範囲内に限って自社株買いが解禁されました。2001年の改正では自社株式を自由に取得し保有できる「金庫株」制度も導入され、自社株買いが活発になっています。

アメリカの大投資家ウォーレン・バフェットは自らの投資判断材料のひとつとして、この自社株買いを積極的に行っているかどうかを重視しています。

参考 : 自社株買いと株価

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 自社株買い
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語