ジニ係数について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > ジニ係数

■ジニ係数とは

ジニ係数とは、所得分配の不平等さを表す指標のことです。ジニ係数は、横軸に人員定額層の累積100分率、縦軸に所得定額層の累積100分率のグラフを作って求めます。

均等線(グラフの対角線)とローレンツ曲線で囲まれた面積をλ、このとき均等線と横軸、縦軸で囲まれた面積をSとするとジニ係数は次のようになります。

 ジニ係数 = λ/S

ジニ係数は1に近づくほど不平等さが高くなり、一般的に0.5を超えるとかなり不平等な状態であるとされています。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > ジニ係数
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語