イノベーションのジレンマについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > イノベーションのジレンマ

イノベーションのジレンマ

イノベーションのジレンマとは、イノベーションの成功により地位を高めてきた企業が持続的な製品の性能向上を進めた結果、次世代の技術に対応できなくなる状態を言います。

イノベーションのジレンマは、次に示すような一連のサイクルで発生します。

既存市場の顧客ニーズに対応して商品の機能を継続的に向上させる
それに対して、短期的には商品の機能を下げながらも、安価で使いやすい新しい技術が登場し、低機能で十分満足できる一部の顧客に受け入れられる
新しい技術の改良が進み、徐々に多くの顧客から受け入れられるようになる
その結果、従来の技術が市場から淘汰されていく(そして、新しい技術は、1の段階に入っていく)


  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > イノベーションのジレンマ
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.