インタレスト・カバレッジ・レシオについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > インタレスト・カバレッジ・レシオ

■インタレスト・カバレッジ・レシオとは

インタレスト・カバレッジ・レシオとは、負債の金利の支払能力を示す指標です。インタレスト・カバレッジ・レシオ(以下ICR)は次のように計算されます。

 ICR = (営業利益+金融収支)/支払利息


分母の利息は現金で支払うため、分子も会計上の利益ではなく、キャッシュフローで計算すべきときという考え方もあり、その場合はICRは次のようになります。

 ICR = (営業CF+金融収支)/支払利息


ICRは特に目安となる数字はありませんが、大きいに越したことはありません。この値が大きいほど債権者にとっては安全と見なされ、企業は有利な条件で資金を調達することができます。また、社債の格付けの際にも有力な指標として用いられます。

計算式からわかるように、ICRが1倍を下回ると、年間の利益(またはキャッシュフロー)で金利の支払いを賄えないことを示します。

大きく成長している会社では、借金を増して拡大路線をとった方がよい場合があり、そのときはICRはどうしても高めになってしまいます。


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > インタレスト・カバレッジ・レシオ
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語