配当可能限度額とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > 配当可能限度額

■配当可能限度額とは

配当可能限度額とは、商法で定められた、利益の中で株主に配当できる限度のことです。配当可能限度額は、次のように求められます。

配当可能限度額 = 純資産 − (資本の額 +資本準備金 +
             利益準備金 + その決算期に積み立てる利益準備金)


配当可能限度額を超えて配当金が支払われると違法配当になります。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > 配当可能限度額
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語