フィージビリティスタディとは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > フィージビリティスタディ

フィージビリティスタディとは

フィージビリティスタディ(Feasibility Study)とは、新しい事業の実現可能性を事前に調査することで、日本語だと実現可能性調査などと訳されます。頭文字をとってFSを言う場合もあります。


 ●フィージビリティスタディで検証すべき項目 

フィージビリティスタディには、事業をどのように成功させるか?というストーリと、それに伴い必要となる経営資源(ヒト、モノ、カネ、すなわち体制、必要設備、採算性など)が盛り込まれます。具体的には以下のようなものが必要です。

■事業環境とKSF
■ターゲットとする顧客セグメント
■マーケティング戦略(製品・サービス、価格、流通チャネル、プロモーション)
■組織体制、人員計画
■必要資金(投資額、運転資金)
■売上・販売計画
■採算性(利益、キャッシュフロー)


経営戦略の基礎を学ぶに戦略構築の基礎を記載しています。


  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > フィージビリティスタディ
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. Since 2004 All rights reserved.