営業利益について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > 営業利益

営業利益とは

営業利益とは、粗利益(売上−売上原価)から販売費および一般管理費(略して販管費と呼びます)を差し引いたものです。

営業利益 = 売上 − 売上原価 − 販管費
       = 粗利益 − 販管費


大雑把に言うと、売上原価は物を作ったり、仕入れたりするための費用で、販管費は研究・開発したり、宣伝したり、営業したり、物を流通させたりするための費用(すなわち開発した物やサービスを販売するための費用)として考えることができます。

したがって、営業利益は、売上から物を作って、売るのにかかる費用を差し引いた利益ということができるので、会社の本業の儲けを表す利益と考えることができます。

営業利益は、プラスだけでなマイナスになることもあり、マイナスの場合は営業損失とも言います。この営業利益と営業損失をあわせて営業損益という場合もあります。

営業利益を大きくるするには、売上を上げるか、粗利益を大きくする(魅力的な商品を売る)か、営業、流通、管理などのコストを削減する必要があります。


参考ページ : 損益計算書を読む

  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > 営業利益
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.