EBITDAについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > EBITDA

EBITとは

EBITDAとは、営業利益に減価償却費を足し戻したものです。EBITDAはEarnings Before Interest, Taxes, Depreciation and Amortizationの略で、直訳すると償却・税引き・金融収支前利益となります。(読み方はイービッダーもしくはイービットディーエーです)

EBITDAを計算式にすると次のようになります。

 EBITDA=税引前利益+支払利息−受取利息+減価償却費

EBITDAは、税引前利益から、負債に対する利払いとキャッシュアウトを伴わない現償却費を足し戻すことで、本業で稼ぐキャッシュを簡易的に表す指標として用いられます。

純利益だと、減価償却や金利など国ごとに定められる基準によって左右されがちですが、EBITDAだと会計基準による影響を少なくできるので、異なる国の企業同士の収益力比較にもよく用いられます。(もちろん、同じ国でも企業ごとにも選択している会計基準が異なる場合もあり、その場合でもEBITDAは有効です)


  

 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > EBITDA
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語