ドミナント戦略とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > ドミナント戦略

■ドミナント戦略とは

ドミナント戦略とは、特定地域内に集中した店舗展開を行うことで、その地域内の限界出店数を全て自社だけで支配してしまい競合他社の参入を阻む戦略です。(ドミナント(dominant)とは、支配的なという意味です。)

ドミナント戦略には、競合他社の参入を阻むことができるだけでなく、特定エリア内に、店舗が集中するので、物流、広告宣伝での効率化を図れるというメリットがあります。 (フランチャイズ展開しているチェーンの場合、本部の営業指導も効率的にできます)

ドミナント出店は、小売チェーンが収益性を高めるための定石で、コンビニやスーパーでは常識とも言われる戦略です。


  

 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > ドミナント戦略
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語