ドルコスト平均法とは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > ドルコスト平均法

■ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、株式や外貨等の金融資産を定期的に一定額で買っていく手法のことです。ドルコスト平均法では、変動する価格に関係なく、一定額を資産として積み立てることができるので、金融資産の購入価格を平均化することが可能になります。

この平均化の原理によって、市場の価格変動のリスクを軽減できるというメリットがあります。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > ドルコスト平均法
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語