デット・エクイティ・レシオについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > デット・エクイティ・レシオ

デット・エクイティ・レシオとは

デット・エクイティ・レシオとは、企業の財務安全性を見る指標で、有利子負債と自己資本の比率を示したものです。D/E比率、DER(Debt Equity Ratio)とも言われます。デット・エクイティ・レシオは次のように計算されます。

 デット・エクイティ・レシオ = 有利子負債/自己資本

負債と資本を見る際の指標として自己資本比率がありますが、デット・エクイティ・レシオは、負債の中でも利払いを伴う負債に焦点を当てています。

デット・エクイティ・レシオは、低いほど財務が健全であることを示し、格付け機関が格付けを決める際の重要な指標になっています。

また、ファイナンス理論でデット・エクイティ・レシオを使う場合は、分母を自己資本比率ではなく、時価総額(自己資本の時価)とします。(分子の有利子負債は通常簿価と時価の違いが大きくないので簿価をそのまま用います。)

参考ページ : ファイナンスの知識を得る

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > デット・エクイティ・レシオ

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語