デファクト・スタンダードとは何かを解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > デファクト・スタンダード

デファクト・スタンダードとは

デファクト・スタンダードとは、市場での競争の結果として業界で決められた基準・標準のことです。業界標準とは、多くのユーザーを獲得しているか、もしくは獲得できる可能性が高い製品または製品の規格のことを示します。


ウィンドウズや、ビデオのVHS形式などは、まさにデファクト・スタンダードの典型です。公的機関の基準として、国内ではJIS規格、国際的にはISOがあります。

技術革新の目覚しい現在においては、企業が自社の規格を業界標準として、後から公的機関に認めてもらい、公的基準になるというケースが多くなっています。


 ●デファクトスタンダードの重要性 

デファクトスタンダードが重要視される理由としては、圧倒的な参入障壁を作ることができるためです。例えば、前述のウィンドウズのように一度デファクトスタンダードになると、後から優れた技術が登場しても、その技術を既存技術に置き換えることが難しくなります。


 ●デファクトスタンダード確立のために有効なもの 

デファクトスタンダードを確立させるために有効な要素として以下のようなものがあります。

・スイッチングコストが高い
 (規格を変えることによる設備、教育、習得にかかるコストが高い)
ネットワーク効果が働く
 (使う人数が増えれば増えるほど価値が高まる)



  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > デファクト・スタンダード
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語