経営用語、コンプライアンスの意味について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > コンプライアンス

■コンプライアンスとは

コンプライアンスとは、法令遵守を意味します。一昔前に企業の不祥事が相次いで表面化して以来、コンプライアンスは企業の存亡に関わる重要なことと認識されていて、最近は企業のコンプライアンス重視の風潮が目立っています。

コンプライアンス重視の体制を作るには、法令や倫理規定などルールの整備、ルールが守られているか監視する機能の確立、従業員に対するルール遵守や罰則などの認識を高めることが挙げられます。

2006年4月から公益通報者保護法が施行されます。公益通報者保護法とは、内部告発者が解雇や減給などの不利益を受けなくする法律のことです。これによって、企業は、これまで以上にコンプライアンス重視の経営方針に是正されていくと考えられます。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > コンプライアンス
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語