キャッシュフロー経営について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > キャッシュフロー経営

■キャッシュフロー経営とは

キャッシュフロー経営とは、その名のとおりキャッシュフローに重きをおいた経営のことです。従来の日本企業は会計上の利益を重視する一方で、キャッシュフローや投下資本のコストを明確にしてきませんでした。しかし、最近ではキャッシュフロー経営が注目されています。


キャッシュフロー経営が注目される理由には、大きく2つあります。


1つめは、会計上の利益が会計方針や会計ルールによって変化するのに対し、キャッシュフローは現金の流れそのものなので、ごまかしが効きにくいというメリットがあるからです。そのため、キャッシュフローを用いると、企業間の比較や国際比較が容易になります。

2つめ、キャッシュフローを用いた方が、経営の意思決定の質が高まるという認識が広がっているためです。キャッシュフローはその性質上、1日単位での管理もできるため、資金ショートの防止や投資効率管理など、機動的な意思決定を可能にします。


●キャッシュフローがわかる本

 『やさしくわかるキャッシュフロー』
キャッシュフローの基礎がわかる本です。キャッシュフローの意味から、キャッシュフロー計算書の作り方を紹介。また、ビール会社のキャッシュフロー分析、比較を行うなど、キャッシュフローのことが本当にやさしくわかる内容になっています。

 
 用語集
 株式・経営用語 ア行
 株式・経営用語 カ行
 株式・経営用語 サ行
 株式・経営用語 タ行
 株式・経営用語 ナ行
 株式・経営用語 ハ行
 株式・経営用語 マ行
 株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
 株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > カ行 > キャッシュフロー経営
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語