譲渡性預金、譲渡性預金証書について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 譲渡性預金

■譲渡性預金とは

譲渡性預金とは、払い戻し期限の定めがある預金でありながら、譲渡性や流動性を有している、すなわち第三者への譲渡が可能な預金のことです。譲渡性預金は、英語のNegotiable Certificate of Deposit(譲渡性預金証書)の頭文字をとって、CDとかNCDと略されます。発行金額、期間、金利、譲渡先に制限はありませんが、発行期間3ヶ月までのものが中心となっています。

CDの中でも「CD新発3ヶ月物」は、TIBORと並び短期金利を知る上で、重要な指標になります。一般的に3ヶ月物の定期預金は、この「CD新発3ヶ月物」に少し上乗せしたものになります。

TIBORの場合と同様に、ある銀行の金利が「CD新発3ヶ月物」の金利に比べて著しく高い場合には注意が必要です。その銀行が信用力の低下により資金調達に苦慮している可能性が高いからです。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 譲渡性預金
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語