CAGRについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > CAGR

CAGRとは

CAGRとは、Compound Annual Growth Rateの略で、複利計算によって求めた成長率のことです。CAGRは、年平均成長率と訳されます。(CAGRは、シーエージーアールと読みます)

CAGRは、次のように求められます。

 CAGR = (X+Y年度の数字/X年度の数字)^{1/(X+Y−X)} − 1


例えば、ある企業が、次のような売上推移になっているとします。

2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
売上高 300 305 310 380 500
対前年
売上高成長率
- 1.7% 1.6% 22.6% 31.6%

ここで、 CAGRを計算すると次のようになります。

 CAGR = (500 / 300)^{1/(2010−2006)} − 1 = 13.6%

これは、2006年から13.6%の成長を続けると、2010年には売上高が500になることを意味します。

2006年に対する2010年の売上高成長率は、単純平均だと14.4%になります。しかし、各年度の成長率のバラツキが大きい場合、単純平均が真の平均成長率を表しているかは疑わしい状態になります。

実際、各年度の成長のバラツキが小さければ、単純平均とCAGRの差は近くなりますが、バラツキが大きくなるほど差は大きくなります。



ビジネスパーソンに必須となる基礎知識・基礎スキル、仕事やキャリアに関する情報を中心に発信するブログ
Ns spirit投資学・経営学研究室

キャリアの課題に直面している方は
大企業【20代後半〜30代前半 必見】 自分の市場価値を簡単に確認する方法
【30代、40代必見】 大企業が直面する課題 今やるべき5つのこと







  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > 英数字 > CAGR
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. Since 2004 All rights reserved.