ブレインストーミング、ブレーンストーミングについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > ブレインストーミング

■ブレインストーミングとは

ブレインストーミングとは、KJ法と並ぶ、グループによる問題解決や意思決定を行う手法のことです。ブレインストーミングでは、一般的に次のようなルールに基づいて、参加者が自由にアイデアを出して議論を重ねていきます。

・他人の出したアイデアを批判しない。
・自由奔放なアイデアを出していき、アイデアの質より量を重視する。
・他人の出したアイデアを活用して、自分のアイデアを出していく。



ブレインストーミングの狙いは、参加メンバーが常日頃考えている問題点、課題を洗い出し、情報の共有化と可視化を行うことです。例えば、同じ事柄をメンバーによって、チャンスと捉えたり、ピンチと捉えたりと様々です。それを全員で整理して、チャンスなのかピンチなのか、あるいは両方の側面を持っているのかということを整理していきます。

さらに、ブレインストーミングで集まった情報をSWOT分析などを用いて整理すると、日頃からメンバーが持っている情報をより高いレベルで共有化することが可能になります。

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > ブレインストーミング
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語