ブラックショールズモデルについて解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > ブラックショールズモデル

■ブラックショールズモデルとは

ブラックショールズモデルとは、オプション価格の算出モデルのことです。ブラックショールズモデルは、考案したフィッシャー・ブラック氏とマイロン・ショールズ氏の名前から名付けらています。

オプション価格の算出モデルにはいろいろありますが、ブラックショールズモデルは計算の手間がかからないという理由から実務的にもよく用いられています。

ブラックショールズモデルは、次のような数式で表されます。


 ●コールオプションの場合 

 コールオプションの価格 = S0 × N(d1) − K × e(-r×t) × N(d2)

ただし
 d1 = { ln(S0/K) + (r + σ2 /2)×t } / { σ×t(1/2) }
 d2 = d1 − σ×t(1/2)


 S0 : 株価 、 K : 権利行使価格 、 
 r : リスクフリーレート 、 t : 残存期間
 σ : 満期までのボラティリティ 、 e : 自然対数の底 、 
 ln : 自然対数
 N(d1)、N(d2) : 累積密度関数

この式から、コールオプションの価格が上がるのは、次のような場合であることがわかります。

・株価が高いとき。
・権利行使価格が下がったとき。
・残存期間が長いとき。
リスクフリーレートが高いとき。
ボラティリティが大きいとき。


なお、株式に配当金がある場合、配当利回りがオプション価格に与える影響を考慮する必要があります。配当利回りをdとすると、ブラックショールズ方程式は次のようになります。

コールオプションの価格(配当利回り考慮)
   = S0 × e(-d×t) × N(d1) − K × e(-r×t) × N(d2)


ただし
 d1 = { ln(S0/K) + (r − d + σ2 /2)×t }
       / { σ×t(1/2) }
 d2 = d1 − σ×t(1/2)




 ●プットオプションの場合 

 プットオプションの価格 = K×e(-r×t)×N(-d2) − S0×N(-d1)

  

 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ハ行 > ブラックショールズモデル
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語