手形の裏書譲渡について解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > 手形の裏書譲渡

■手形の裏書譲渡

手形の裏書譲渡とは、引き受けた手形を第三者に譲渡することを言います。

例えば、下図のように約束手形をA社からB社に発行した場合、B社はC社に、C社はD社に裏書譲渡することができます。この場合、D社はA社に対して手形代金を請求することができます。

手形の裏書譲渡


 ●偶発債務の発生 

手形を裏書譲渡した場合、譲渡された方は、譲渡した側にも手形代金を請求することができます。つまり、譲渡した側は支払人が手形代金を支払って初めて法律上の責任が消滅することになるわけです。

例えば先の例だと、D社はA社が手形の不渡りを起こした場合、B社やC社に対して手形代金を請求することができます。逆に、B社やC社の立場でみると、、手形を裏書譲渡することで、債務が発生する可能性がでてきます。こうした債務のことを偶発債務といいます。

B社やC社は手形の裏書をする際に、将来負債が発生する可能性を考慮して、保証債務費用を計上し、貸借対照表の負債の欄に保証債務を計上します。

参考ページ:手形とは

  
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字





N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > タ行 > 手形の裏書譲渡
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語