投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 資産

■資産とは

資産とは、会社が利益を生むのに必要な資源のことを言います。資産は貸借対照表では左側に位置しています。

資産は大きく、「将来現金になるもの」と「価値が減少して費用になるもの」に分けられます。例えば、売掛金や受取手形、有価証券などは、前者の「将来現金になるもの」になります。一方で、棚卸資産や固定資産などは「価値が減少して費用になるもの」という捉え方ができます。もちろん費用にはなりますが、これは無駄になっているわけではなく、売上をあげるのに必要なものと考える必要があります。

「金持ち父さん」の著者であるロバート・キヨサキは「私の考える資産とはキャッシュを生むものを表し、会計上の資産とは少し違う」と言っています。キヨサキ氏は車や自分が住むための家は資産ではなく、負債だと言っています。なぜなら車や自分の住むための家はキャッシュを生むことはなく、キャッシュは持ち出すものだからだそうです。

資産には大きく分けて、流動資産固定資産があります。


 
 用語集 
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > サ行 > 資産
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved. 株式投資日記 外国為替証拠金取引 株式用語