アライアンスとは、その意味を解説


投資学経営学用語集
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > アライアンス

■アライアンスとは

アライアンスとは、複数の企業がお互いの利益のために協力することをいいます。アライアンスは、強力な合併・買収といえるM&Aに比べると緩い結びつきのものだといえます。

アライアンスはM&Aに比べ、時間や資金が少なくて済む、法的な手続きが容易、企業文化の摩擦が少ないといったメリットがあります。一方で、アライアンスを解消したときに、技術やノウハウが協力企業に流出する可能性があるというデメリットがあります。


  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字



N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > アライアンス
投資学経営学用語集

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.