相対取引について解説

投資学経営学用語集投資日記
N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > 相対取引

■相対取引とは

相対取引とは、取引所を介さずに、業者と直接行う取引のことをいいます。上場株式の場合は取引所を通じて取引を行うため、どの業者を通して買っても、手数料を除けば同じ価格で株式を購入することができます。

ところが、相対取引は業者との直接取引なので、業者の提示価格で取引を行うことになります。したがって、同時刻に同じ取引内容のものを異なる業者に注文しても、取引の価格は異なってきます。

一般的に外国為替証拠金取引など、為替取引は相対取引で行われます。(一部、くりっく365等は除きます)

  
 用語集
株式・経営用語 ア行
株式・経営用語 カ行
株式・経営用語 サ行
株式・経営用語 タ行
株式・経営用語 ナ行
株式・経営用語 ハ行
株式・経営用語 マ行
株式・経営用語 ヤ・ラ・ワ行
株式・経営用語 英数字


N's spirit 投資学研究室 > 株式用語・経営用語 > ア行 > 相対取引
投資学経営学用語集投資日記

Copyright (c) N's spirit. 2004-2005 All rights reserved.